がん治療を受けるとなれば樹状細胞療法の仕組みを知る

治療にかかる費用

手術

がん治療を受けるとなれば、できるだけ体に負担がかからない治療がいいでしょう。それには、樹状細胞療法がお勧めです。これは、体に優しいがん治療と言われているので費用はかかりますが負担を軽減することができます。

Read more...

転移してしまう前に

レントゲン

癌は、一部から無くなったとしても転移してしまう可能性が高いです。ですから、それを防ぐにはサプリメントを飲むのがいいと言われています。現代には、サプリメントは沢山ありますので癌にいい成分が入っているものを選びましょう。

Read more...

気になる放射線治療

外科

髄膜腫に有効な治療方法は、定位放射線治療と言われています。しかし、初めて治療を受けるとなればどういった方法なのか気になるところでしょう。そういった人の為に、治療内容を紹介します。

Read more...

負担を抑える

診察

肺腺がんは、肺がんの中でも最も患っている人の多い種類になります。このがんは、主に手術を受けてがん細胞を摘出するというのが有効的です。手術内容は、レーザー治療を受けて行なうのが一般的です。

Read more...

がん治療の一つ

医師

樹状細胞療法とはがん治療の一種です。体内にある樹状細胞という細胞に、がんの特徴を覚えさせるという方法になります。  樹状細胞とは免疫細胞の一つです。免疫細胞と一言に言ってもいくつかの種類があり、その種類ごとに役目も異なります。例えば、異常な細胞の存在を知らせる種類や、異常な細胞を攻撃する種類等があります。樹状細胞はこうした種類のうち、異常な細胞の存在を知らせる種類に分類されます。  ただ、がん細胞は元々は正常な細胞が変異したものです。そのため、樹状細胞でもがん細胞を見逃してしまう事もあります。こうした事を防ぐために、人工的に樹状細胞にがん細胞の特徴を覚え込ませるのです。そしてその樹状細胞を、体内に戻すというのが樹状細胞療法の仕組みになります。これによって、より効率的にがん細胞を攻撃出来るようになるのです。

 樹状細胞療法の具体的な治療方法についてですが、まずは患者の体内から樹状細胞を取り出します。次に取り出した樹状細胞に、がん細胞の特徴を覚え込ませます。この時にがん細胞を使う事になりますが、このがん細胞は患者の体内から取り出したものを使うのが理想的です。ただ人によっては、がん細胞の取り出しが難しい事もあります。そういった場合には、人工的に作られた人工抗原を使うようになります。  樹状細胞にがん細胞の特徴を覚えさせたら、それを活性化させて体内に注射等で戻します。体内に戻す作業は、複数回に渡って行なわれるのが一般的です。2週間に1回くらいのペースで、3〜4ヶ月程度行なうのが基本です。樹状細胞療法は元々は体内にあった細胞を戻すという方法になるので、副作用が起きる恐れが低いという特徴があります。