がん治療を受けるとなれば樹状細胞療法の仕組みを知る

負担を抑える

診察

肺腺がんは、肺がんの中でも特に多いとされるタイプのがんです。この肺腺がんの場合には、治療は主に手術が選択されます。最近ではより体へのダメージの少ないレーザーによる治療も時に行われているのです。レーザー治療ではがんの部分にのみ集中して光を当て、がんの焼失や死滅を促します。このレーザー治療の場合には、内視鏡を用いて治療を行うのです。そのため手術に比べて遥かに体への負担を抑えることが出来るという利点があります。体力の落ちている方や高齢者の場合には、特にこうした治療法が役に立つのです。こうしたレーザー治療を行っている医療機関も徐々に増えてきており、極力体への負担を抑えたい方の場合には、一考の価値のある治療法と言えます。

肺腺がんの治療をレーザーで行う場合には、健康保険が適用されません。ですので、全額自己負担での治療となる訳です。手術や抗がん剤などを用いた肺腺がんの治療の場合には、医療費は平均して150万円から200万円程度かかります。ですが、健康保険の高額療養費制度を利用すれば、月々の負担額は10万円以下となることが多いのです。一方、レーザー治療の場合には、300万円程度の医療費を全額自己負担で賄うことになります。そのため、負担の割合は遥かに高くなるのです。加入している任意保険によってはこうしたレーザー治療を先進医療として認めている場合もあります。そういった場合には、自己負担額は大幅に抑えることが出来るのです。